神奈川県動物病院/ひらの動物病院では、新たにセミナールーム、カウンセリングルーム(ひらの動物病院ANNEX)を設け、『動物問題行動療法科』 『ご家族と動物たちの為のカウンセリング診療』 『ペットヒーリングセミナー』等を常時開催しています(担当医:動物行動学専門獣医師 牧口香絵)。EBMの実践〔Evidence-Based Medicine:(医学的)根拠に基づいた医療の実践〕を基本理念とし、ご家族と動物たちが 『本当の豊かさと幸せ』 が実感できるようサポートさせていただきながら、 『獣医療と癒しの調和』 を担っていきたいと考えています。

しつけ|子犬|パピー|問題行動|カウンセリング|アロマ|クリスタル|フラワーレメディ|セラピー|ヒーリング
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
わんちゃんと暮らし始めたら最初に教えたい言葉はなに?(後編)アイコント&名前を呼ぶゲームそして。

 

 

こんにちは。

 

わんちゃんと暮らし始めたら最初に教えたい言葉はなに?(前編)に続く内容です。

前編の内容はこちら⇒ 

 

 

わんちゃんの年齢問わず、家族に迎えたときに一番に教えたい「言葉や行動」は

クローバー 愛犬の名前

クローバー アイコンタクト

クローバー ご家族のそばにいることの安全性

というお話を前編でお伝えしました。

 

この前の記事で「名前にポジティブンな印象とつけてみよう。叱るときに名前を呼ばないで」という記事を書きました照れ

そう、名前をよばれたらそのあとによいことがあることをワンちゃんに教えてあげることが大切なんです星

 

ワンちゃんと暮らしたらぜひ皆さんにチャレンジしてほしいゲームがあります。

それは「名前ゲーム

 

このゲームを行いながらご家族がタイミングよくワンちゃんを誉める練習にもなりますし、名前によい印象もつけることが

できるし一石二鳥なんですよウインク

 

「〇〇ちゃん!」と名前を呼び、目が合ったり、ご家族を気にしてくれた「いいこ」と褒めておやつをあげるゲームです。

 

そしてそして。。。

 

このゲームを行うことでアイコンタクトも上手になりますし、ご家族の近くでなにかを行うことの楽しさも同時にワンちゃんに

学んでもらうことができます。

ワンちゃんに近づくと逃げちゃうの。。。という方ぜひこのゲームを行ってみてくださいね。

ワンちゃんがご家族のそばにいることを自ら望んてくれるようになりますよコスモス

 

 

このような基礎の練習を土台にしてオスワリ、マテなどの号令も少しずつ教えていきます。

 

今日はこんなによい天気なのに午後は少し雨が降りそうですね

 

Let's stay at home and be with your animal partnersネコしっぽフリフリヒヨコウサギクマノミ

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹

わんちゃんと暮らし始めたら最初に教えたい言葉はなに?(後編)名前によい印象をつけよう♪

 

 

こんにちは。

 

わんちゃんと暮らし始めたら最初に教えたい言葉はなに?(前編)に続く内容です。

前編の内容はこちら⇒ 

 

 

わんちゃんの年齢問わず、家族に迎えたときに一番に教えたい「言葉や行動」は

クローバー 愛犬の名前

クローバー アイコンタクト

クローバー ご家族のそばにいることの安全性

というお話を前編でお伝えしました。

 

なぜ、この3つが大切か?これらの言葉を教える理由を1つずつお伝えしていきたいと思います桜

今回は名前について

 

クローバー 愛犬の名前

おうちにワンちゃんを迎える前から名前をすでに決めている方も多いですね。

私もその一人でしたウインク

 

”名前”にはワンちゃんにとってもよい印象をもってもらいたいといつも思っていますので、

名前のあとには必ずポジティブなことを連携させることが大切です。

 

名前を呼んで⇒いいこと言う

名前呼んで⇒ごはん食べる?と誘う

名前呼んで⇒遊ぶなど

 

逆にNGなのは

名前呼んで⇒「だめ」と叱る ことです

 

名前によい印象をつけていることでDAY1のワンちゃんとの暮らしにぐっと信頼関係が構築されますよラブラブ

 

もしわんちゃんがたまたまお外で逃げてしまったときに

「〇〇〜」と名前を呼んで探すときに名前を呼ばれると叱られると

ワンちゃんがインプットされているのはよいことではないですよね照れ

 

名前=楽しい、嬉しい、おいしい 印象をつけてあげましょうラブラブ

 

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹

わんちゃんと暮らし始めたら最初に教えたい言葉はなに?(前編)

 

 

 

こんにちは。

 

本日、地元で開催していたパピークラスが終了しました。

 

6回に渡り、しつけやトレーニングのベースをお話させていただきました。

 

ところで、みなさまはワンちゃんを何歳のときに家族に迎えましたか?

 

子犬の頃からという方と成犬になってからという方もいらっしゃるかと思います。

 

わんちゃんの年齢問わず、家族に迎えたときに一番に教えたい「言葉や行動」があります。

 

 

それは。。。

 

クローバー 愛犬の名前

クローバー アイコンタクト

クローバー ご家族のそばにいることの安全性

です。

 

えっ?オスワリやオテじゃないの?

と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

名前なんて自然に覚えるのでは?

 

アイコンタクトも自然にしてくれる気が?

 

お互いそばにいること?当たり前では?

 

と思った方、実はこの3つを教える意味を理解すると

 

そうか〜〜と納得してくれると思いますラブラブ

 

 

後編でそのお話をしたいと思います。

 

 

今週末もおでかけ規制がかかっていますね。

 

おうちでご家族とゆっくりできること、自宅にいられることも幸せですラブラブ

入院したら家族の顔さえも見れなくなります。

ワンちゃんと散歩もできなくなります。。

 

いつもワンちゃんねこちゃんは自然体で私たちと接しくれます。

 

彼らの癒しをもらって週末もおうちでのんびりしましょうねウインク

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹

本当にうちのコ、わかっているかな?

 

こんにちは桜

 

私の住んでいるところでも桜の開花が始まりました。

 

なんだかウキウキしてしまうのはやはり日本人だからかしら?

 

家族とのお花見ができることが今から楽しみです音譜

 

ところでお話は変わりますが。。。

 

 

みなさまのワンちゃんが本当に号令を理解しているか?知ってみたいと思いませんか?

 

世界で一番言葉を覚えているギネスに認定されているのはアメリカの心理学者の愛犬チェーサー。

 

チェーサー1022個のおもちゃの名前を記憶しています。

 

先生がチェイサーがきちんと理解しているか明確にするためにチェイサーにあるおもちゃをもってきてもらうときは

必ずおもちゃから背を向けて、チェイサーに「〇〇をもってきて」と指示を出します。

 

 

なぜかというとワンちゃんは目配せが理解できるからです。

ワンちゃんたちは人の動きを言葉以上に敏感に読み取っています。

 

もし先生がおもちゃのほうを見ながら支持をだしてしまい、無意識にでも取ってきてほしいおもちゃを目で見てしまえばチェイサーは言葉ではなく先生のしぐさから正解のおもちゃをもってきてしまう可能性があるからなのです。

 

 

 

そこでぜひ皆様のワンちゃんに号令をすでに教えていらっしゃる場合は、異なる場所(家の中ですと廊下、玄関、または屋外など)で同じ号令を伝えてできるかどうかぜひ確認をしてみてください。

 

もし、ごはんの前だけに「おすわり」と言っているのでしたらワンちゃんはごはんのもらえるシチュエーションでしかできない可能性があります。

 

例えば、イングリッシュスパニエルのフィノちゃんのレッスンの場合も必ずその号令が理解できているかチェックをします。

 

マットの号令でマットに座ったフィノちゃん♪

 

 

 

 

例えば、「マット」という言葉でフィノちゃんは自分のベッドに行きその上に座ることだと教えられています。

 

ご家族がマットと対面した状態だと簡単にできます。

 

それではご家族がマットから背を向けてかつ、フィノちゃんとアイコンタクト外してもマットに向かっていけるか?

チェックをしました。

 

すると、ご家族がマットと対面しているとマットにすぐに向かっていくのですが、マットに背を向けているポジションに立って、支持をだすと

マットに向かうのに時間がかかりました。

 

このようにご家族とフィノちゃんの立ち位置、またマットの場所を色々移動しての同じ行動ができるかきちんと見ていく必要性があります。

 

そしてどのようなシチュエーションであっても同じ行動ができるようになるとワンちゃんは屋外であってもどこでも安定して

同じ行動がとれるようになります。

 

 

おうちの中だけできる、お外だとできないを克服するためにもぜひ色々なチャレンジをさせてあげたいと思いますラブラブ

 

 

レッスンの後はいつもおいしいスイーツごちそうになっています♪

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹

 

 

猫ちゃんの誤食行動

 

こんにちは。

 

今日は地元でレイキ伝授のお仕事をしていました。

 

レイキヒーリングは私にとってもそして愛犬にとってもとても大切なヒーリング法。

 

レイキヒーリングのすばらしさをもっともっと広めていきたなといつも思っています。

 

レイキヒーリングがきちんと相手に伝わっているかな?という確認が実はわかりやすいのが

鳥さんにヒーリングをしたときなんです。

 

ぜひレイキができる方は鳥さんにヒーリングしてみてくださいねヒヨコ

 

さて、去年から執筆をしているわんにや365の記事で人気fランキング10位内に入った記事を今日はシェアしたいと

思います。

 

最近猫ちゃんのカウンセリングが増えています。

 

猫ちゃんと暮らしている方、これから猫ちゃんと暮らしてみたい方、ぜひお時間あるときにご覧ください。

 

記事はこちら→ ☆☆☆

 

明日クリスタル講座の日ですコスモス

 

キラキラしたクリスタルを過ごす時間は本当に癒されますクローバー

 

 

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹

ワンちゃんのクレートトレーニングについて取材を受けました♪

こんにちは。

 

急に冬将軍が訪れてしまい体がびっくりしていますえーん

 

今年は暖冬だと聞いていましたが。。。

 

 

さて、先日 ウェブマガジンのペットライブスからワンちゃんのクレートトレーニングについて取材を受けました。

 

 

 

スタッフの愛犬ルーチェちゃんがモデルとしてお越しいただき後半はクレートトレーニングの動画作成もしました。

 

 

まず一番最初に話題になったことはクレート、ケージ、サークルの区別。

 

私もクレートをケージと言ってしまうこともあったかもしれません。

 

 

そんなお話から進み、クレートトレーニングの大切なはなに?すでにクレートが嫌いな子にどのように印象を変えていくか?

実際にクレートトレーニングの仕方までお話しました。

 

はじめは扉は開けた状態でもOK♪

 

 

 

 

扉をしてみてリラックスできるまできちんと教えてます♪

 

 

私の愛犬コーディーはブリーダーのところから来たときにすでにクレートトレーニングが入っていました=クレートが好きでした。

 

 

大切なのはワンちゃんがクレートが好きなこと。

 

そしてもし可能であればコマンドでクレートに入ることができることです。

 

クレートのサイズもその子にあっていなければ居心地の悪さを生み出し入ることを拒むかもしれません。

 

 

クレートが好きいてくれることで、車内での安全も確保できるともに災害時にもクレートトレーニングができている子は

慣れない環境でストレスが少なくなります。

 

何歳からでもクレートトレーニングが教えることができますので、もしクレートにはいらない、クレートが苦手というワンちゃんがいましたら

レッスンにいらっしゃってくださいねラブラブ!

 

この取材で受けた内容はペットライブスの記事として来月アップされる予定です音譜

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹

わんちゃんと楽しく安全に遊ぼう♪

 

こんにちは。

 

明日は台風の接近で天気は荒れ模様のようですね雨

 

大きな災害がでないことを願っています。

 

 

今年の7月から新しい執筆のお仕事を始めています星

 

わんにや365というウェブマガジンでしつけ、行動学、健康管理について

執筆していますラブラブ!

 

今回ワンちゃんと楽しく安全に遊ぶ遊び方を書かせていただきましたので

皆さまにシェアーさせていただきたいと思いますニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうぞよろしくお願いします音譜

 

記事はこちら ⇒ ☆☆☆

注:すみません、こちらの記事は8月下旬にならないと見れないそうです。。。

今しばらくお待ちください

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹

花火や雷の季節になるその前に。。。。

 

 

 

こんにちは。

 

地元では綺麗なヒマワリが満開を迎えています。

 

 

夏にぴったりのビタミンカラー、そして空にまっすぐ伸びるヒマワリが大好きですラブ

 

 

この季節、雷が発生したり花火大会が開催されたり。。。。

 

これらの音が怖くてパニックになってしまうワンちゃんやネコちゃんにとってはとても不安になる時期かと思います。

 

 

不安症=自分で自分がコントロールできないくらい怖い は年齢とともに症状が悪化していきます。

 

早めに是非 怖い ⇒ 怖くない にしてあげる練習をしましょうクローバー

 

 

ウェブマガジン Petlives に定期的にワンちゃんやネコちゃんに役立つ情報を執筆しています星

 

 

今回のテーマは 「雷 花火恐怖症」について

 

ご興味のある方は是非 こちらをご覧ください ⇒ https://petlives.jp/love-dog/17586

 

 

気温もかなり高いのお散歩は早朝または夜8時すぎがおすすめです黄色い花

 

人も動物の熱中症にならないように気をつけてすごしたいと思います。

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹

やさしい動物行動学講座〜ワンちゃんの吠える心理を理解しよう♪

公園ではいつもみなさんにかわいがってもらっています♪

社会化でできているのはワンちゃんにとってとても幸せな

ことだと思います。

 

 

 

 

 

桜のシーズンの頃の写真♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

GWも終わりお仕事がスタートしましたねニコニコ

 

3月からスタートした「やさしい犬の行動学講座」を5月23日(水)に第2回目を開催します。

 

定期的に開催する講座ですがどのテーマからお越しいただけても結構ですクローバー

 

 

 

今回のテーマは「ワンちゃんの吠え」について。

 

 

吠えについては多くの方がお悩みかと思います。

 

 

吠えているからといって理由も分からないまま、しかったり、なだめたり、無視をしても改善しません。

 

 

悲しいから不安だから吠えているなら心のケアが必要になります。

 

怖いから吠えているならご家族の対応を変えて怖くないようにします。

 

 

是非この機会にワンちゃんの気持ちをひも解いていませんか?

 

ご参加費用の一部がワンちゃん猫ちゃんたちの寄付へとまわります。

 

また無料でお写真を通じて心身のバランスチェックをしていただくことも可能ですクローバー

 

どなたでもご参加可能です音譜

 

開催場所の最寄駅は「渋谷」です。

 

 

詳しくはこちらをご覧ください⇒  https://osanpoda.exblog.jp/27166426/

 

 

みなさまのご参加お待ちしておりますニコニコ

 

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹

アニマルコミュニケーションのご感想 ♪

 

 

こんばんは。

 

気温のアップダウンが激しい日が続いていますねクローバー

 

アニマルコミュニケーション(以下AC)のセッションを受けてくださったローレンママさん(横尾様)がご感想をくださいましたので皆様とシェアーさせていただきたいと思います。

 

 

ローレンママさんのローレンちゃんに対するお悩みはおトイレのことでした。

 

すべてのお悩みがACで短期間に解決するものでは必ずしもありませんがACでどのような心理でその行動を

するかを紐とき、解決に導くこともできますラブラブ!

 

現在ローレンママさんもACのお勉強を始めていらっしゃっていますよニコニコ

 

 

次回のACお茶会(勉強会)は5月19日()となりました。

ご興味ある方是非遊びにいらしてくださいねコスモス

どなたでもご参加可能です。

 

お茶会の詳細はこちら

⇒ 星 2018年5月19日(土) :アニマルコミュニケーションお茶会♪

〜愛する子とお話をしてみませんか?音譜

 

 

 

アニマルコミュニケーションを学んでない方も,学んだ経験ある方もどなたでもご参加可能なとてもカジュアルなお茶会です星

 

アニマルコミュニケーションのこと気になるけれどどのようにお話ができるの?

 

アニマルコミュニケーションをしてみたらこうのような経験をしました、どうして?

など日頃疑問となること、不思議だな〜〜と思うことなどそれぞれが感じることを

一緒にお話しながらお茶会をいたします。

 

アニマルコミュニケーションのプチレッスンもいたしますよ目

動物さんとお話がしたい、お話をするどのように感じるか?など楽しく皆さんとシェアーしたいと思いますヒヨコ

おいしいお菓子も待っています音譜

 

講師:  牧口香絵(動物行動学専門獣医師)

日 時: 2018年5月19日(土)
      午後12:00〜14:00予定 
 

場 所: ひらの動物病院ANNEX(ひらの動物病院の正面にあります) 
     http://hirano-vets.com/

     最寄駅:小田急線中央林間駅から徒歩3

参加費: 5,400円

 

 

 

 

 

 

以下が横尾様からいただいたご感想文になりますラブラブ!

 

 

 

ローレンちゃん♪

 

 

 

 

音譜ローレンちゃんのACご感想_横尾侑里様(ローレンママ様)音譜
----------------------------
愛犬ローレンが昨年末から急にトイレを外すようになり、何をしても治らず困った事が、牧口先生にACをしていただくきっかけでした。

ローレンは、2015年に初代愛犬が肺水腫になった1週間後に急逝したあと、ペットロスがひどかった時にご縁があって迎えた元保護犬です。つらい経験もしているのに、ローレンは天真爛漫でとても穏やかで優しくて賢い子で、迎えてからもトイレは完璧。


それなのに、昨年秋に、留守中に私の不注意で足の爪を剥ぐ大けがをさせてしまったため、再発防止のためにコルクマットの床の上にカーペットを敷き詰めてから、トイレの失敗が始まりました。

足が痛くてトイレに行きにくいのか?
私の注意を引こうとしているのか?
嫌がらせをしているのか?

理由がわからないまま、叱ったり無視をしたり語りかけたりしましたが、まったく治らない。

 

毎日ではないけれど、仕事から帰った後にトイレの失敗の後かたずけをするのは本当に大変。。なんとか改善する方法を知りたくて、ACをしていただきました。

 

ACの結果、ローレンは「カーペット=大きなトイレ」と思っており、私が怒ったりすることに困惑していたとのこと。。

想像もしない状況に驚きました!


帰宅後、牧口先生に教えて頂いた通りカーペットをはがしたら、またトイレは完璧に。

 

 

ローレンと家族になって2年半。絆も強くなり大抵のことはローレンの瞳や表情、カーミングシグナルなどから分かっているつもりでしたが、トイレの件は目からウロコ。

 


テレパシーで直接話せることの素晴らしさを体感して感激しました。

 

牧口先生のACでは、トイレ以外にも、ローレンの性格や使命のこと、先代の愛犬ラルフとの関係などや私へのメッセージなど様々なことを教えていただき、驚くばかりでした。

 

 

犬や猫たちは人間の言葉は話せないけど、私たち飼い主が思っている以上に私たちのことを理解してくれているように感じています。

 

だから私たちも、もっとパートナーたちのことを理解してあげたい。

 

そのために、ACで直接コミュニケーションができるのは本当に素晴らしい方法だと実感しました。

 

私も牧口先生にACを学んで、パートナーとの時間をもっと豊かにしていきたいと思いました。

 

 

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹