神奈川県動物病院/ひらの動物病院では、新たにセミナールーム、カウンセリングルーム(ひらの動物病院ANNEX)を設け、『動物問題行動療法科』 『ご家族と動物たちの為のカウンセリング診療』 『ペットヒーリングセミナー』等を常時開催しています(担当医:動物行動学専門獣医師 牧口香絵)。EBMの実践〔Evidence-Based Medicine:(医学的)根拠に基づいた医療の実践〕を基本理念とし、ご家族と動物たちが 『本当の豊かさと幸せ』 が実感できるようサポートさせていただきながら、 『獣医療と癒しの調和』 を担っていきたいと考えています。

しつけ|子犬|パピー|問題行動|カウンセリング|アロマ|クリスタル|フラワーレメディ|セラピー|ヒーリング
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 温かい手のぬくもり〜レイキヒーリング♪ | main | アニマルさんの癒しに役立つお茶会と対面セッションのお知らせです♪ >>
ワンちゃんのためのやさしい行動学セミナー:分離不安症を正しく理解しお留守番上手の子を育てよう♪

こんばんは。

 

 

 

 

ようやく秋らしい気候になってまいりましたねニコ

 

 

1年に数回ほど開催しております行動学セミナーを9月に開催いたします。

 

 

ご自身のワンちゃんのお気持ちをより理解するために行動学を学んでみませんか?

 

 

みなさまのワンちゃんはお留守が好きですか?

それとも苦手ですか?

 

 

多くのワンちゃんがお留守番が苦手ですががんばって御家族の帰りを待ってくれていると思いますきらきら

 

 

社会性の高いワンちゃんがご家族と離れ離れになりお留守番しなければいけないのは多くの子にとって辛いこと。

 

けれども過度の不安を抱えていなければ、淋しくてもきちんとお留守番ができます。

 

御留守中に食事や水に口をつけない、悲しそうに鳴いている、破壊行動をしている、トイレ以外で粗相をしてしまっていると言った変化があれば分離不安症を抱えている可能性があります。

 

 

いままで大丈夫だったのが急に雷や雨の音が怖くなり、恐怖症を発症することもあります。

 

不安を過度に感じてしまいワンちゃんの気持ちを正しく理解してあげることが大切です きらきら

 

 

分離不安症は直せる心の問題です。

 

できるだけ早く直してあげることで自立心をつけてお留守番ができるようになります。

 

このようなワンちゃんと暮らしている方にオススメの講座です ゆう★

 

クローバーワンちゃんがお留守番が苦手

クローバー最近怖がる刺激が増えてきた

クローバー最近ご家族の後をついてきたり、クンクンと鳴くことが増えた

クローバー動物病院やサロンなど苦手なところから帰ってくると具合が悪くなる

クローバー甘えん坊すぎる

 

 

講師:  牧口香絵(動物行動学専門獣医師)   

 

日 時: 2017年9月16日(土) 午後12:00〜3:00予定

 

場 所: ひらの動物病院ANNEX(ひらの動物病院の正面にあります)     http://hirano-vets.com/    

  

最寄駅:小田急線中央林間駅から徒歩3分

 

参加費: 一人¥7,000+税 同伴されるご家族1名以上参加の場合は一人プラス1000円です。

 

みなさまのご参加お待ちしております。

 

 

 

にじ命あるすべての存在に愛と光をにじ