神奈川県動物病院/ひらの動物病院では、新たにセミナールーム、カウンセリングルーム(ひらの動物病院ANNEX)を設け、『動物問題行動療法科』 『ご家族と動物たちの為のカウンセリング診療』 『ペットヒーリングセミナー』等を常時開催しています(担当医:動物行動学専門獣医師 牧口香絵)。EBMの実践〔Evidence-Based Medicine:(医学的)根拠に基づいた医療の実践〕を基本理念とし、ご家族と動物たちが 『本当の豊かさと幸せ』 が実感できるようサポートさせていただきながら、 『獣医療と癒しの調和』 を担っていきたいと考えています。

しつけ|子犬|パピー|問題行動|カウンセリング|アロマ|クリスタル|フラワーレメディ|セラピー|ヒーリング
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アニマルコミュニケーションお茶会の様子♪ | main | ワンちゃんにやさしい虫よけスプレー作りと春〜夏のハーブ講座♪ >>
犬のおもちゃは、ひとり遊び用と一緒に遊ぶ用に使い分けを!|

こんにちは。

 

突然ですがみなさまは愛犬とどのように毎日遊んでいますか?

 

ひっぱりっこ大好きだからひっぱりっこを、口から離せないから最終的にはワンちゃんが

おもちゃをくわえて逃げる。。。逃げるワンちゃんを追いかけると嬉しそうにしている。。

こんな遊び方をしている御家族がいらっしゃいました。 よくある風景ですね星

 

このご家族のお悩みは「朝洗濯ものをワンちゃんが盗んで逃げること、逃げるので追いかける、つかまらない。。。」

日頃の遊び方の習慣がこの問題を関連していること、理解できるかと思います。

 

おもちゃの与え方、遊び方ひとつでワンちゃんたちの楽しさ、安全性がぐっと変わり、そして遊びの時間がトレーニング、コミュニケーションの

時間へと変身できることも。。。

 

遊び方が誤っていると問題行動を植え付けてしまったり、危険回避ができないことも。。。

 

今回ウェブマガジン ペットライブスではおもちゃに関して記事を書かせていただきました。

 

遊びかたを変えるだけでとっても賢いお手伝い犬になりますよニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

記事はこちら⇒ ☆☆☆

 

 

そろそろお花見が楽しめる季節ですね桜

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹