神奈川県動物病院/ひらの動物病院では、新たにセミナールーム、カウンセリングルーム(ひらの動物病院ANNEX)を設け、『動物問題行動療法科』 『ご家族と動物たちの為のカウンセリング診療』 『ペットヒーリングセミナー』等を常時開催しています(担当医:動物行動学専門獣医師 牧口香絵)。EBMの実践〔Evidence-Based Medicine:(医学的)根拠に基づいた医療の実践〕を基本理念とし、ご家族と動物たちが 『本当の豊かさと幸せ』 が実感できるようサポートさせていただきながら、 『獣医療と癒しの調和』 を担っていきたいと考えています。

しつけ|子犬|パピー|問題行動|カウンセリング|アロマ|クリスタル|フラワーレメディ|セラピー|ヒーリング
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月18日(水)ペットロスを癒すクリスタルワークを開催いたします♪ | main | 3月26日(木)シニアワンちゃんをサポートするハーブ講座を開催します♪ >>
本当にうちのコ、わかっているかな?

 

こんにちは桜

 

私の住んでいるところでも桜の開花が始まりました。

 

なんだかウキウキしてしまうのはやはり日本人だからかしら?

 

家族とのお花見ができることが今から楽しみです音譜

 

ところでお話は変わりますが。。。

 

 

みなさまのワンちゃんが本当に号令を理解しているか?知ってみたいと思いませんか?

 

世界で一番言葉を覚えているギネスに認定されているのはアメリカの心理学者の愛犬チェーサー。

 

チェーサー1022個のおもちゃの名前を記憶しています。

 

先生がチェイサーがきちんと理解しているか明確にするためにチェイサーにあるおもちゃをもってきてもらうときは

必ずおもちゃから背を向けて、チェイサーに「〇〇をもってきて」と指示を出します。

 

 

なぜかというとワンちゃんは目配せが理解できるからです。

ワンちゃんたちは人の動きを言葉以上に敏感に読み取っています。

 

もし先生がおもちゃのほうを見ながら支持をだしてしまい、無意識にでも取ってきてほしいおもちゃを目で見てしまえばチェイサーは言葉ではなく先生のしぐさから正解のおもちゃをもってきてしまう可能性があるからなのです。

 

 

 

そこでぜひ皆様のワンちゃんに号令をすでに教えていらっしゃる場合は、異なる場所(家の中ですと廊下、玄関、または屋外など)で同じ号令を伝えてできるかどうかぜひ確認をしてみてください。

 

もし、ごはんの前だけに「おすわり」と言っているのでしたらワンちゃんはごはんのもらえるシチュエーションでしかできない可能性があります。

 

例えば、イングリッシュスパニエルのフィノちゃんのレッスンの場合も必ずその号令が理解できているかチェックをします。

 

マットの号令でマットに座ったフィノちゃん♪

 

 

 

 

例えば、「マット」という言葉でフィノちゃんは自分のベッドに行きその上に座ることだと教えられています。

 

ご家族がマットと対面した状態だと簡単にできます。

 

それではご家族がマットから背を向けてかつ、フィノちゃんとアイコンタクト外してもマットに向かっていけるか?

チェックをしました。

 

すると、ご家族がマットと対面しているとマットにすぐに向かっていくのですが、マットに背を向けているポジションに立って、支持をだすと

マットに向かうのに時間がかかりました。

 

このようにご家族とフィノちゃんの立ち位置、またマットの場所を色々移動しての同じ行動ができるかきちんと見ていく必要性があります。

 

そしてどのようなシチュエーションであっても同じ行動ができるようになるとワンちゃんは屋外であってもどこでも安定して

同じ行動がとれるようになります。

 

 

おうちの中だけできる、お外だとできないを克服するためにもぜひ色々なチャレンジをさせてあげたいと思いますラブラブ

 

 

レッスンの後はいつもおいしいスイーツごちそうになっています♪

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹