神奈川県動物病院/ひらの動物病院では、新たにセミナールーム、カウンセリングルーム(ひらの動物病院ANNEX)を設け、『動物問題行動療法科』 『ご家族と動物たちの為のカウンセリング診療』 『ペットヒーリングセミナー』等を常時開催しています(担当医:動物行動学専門獣医師 牧口香絵)。EBMの実践〔Evidence-Based Medicine:(医学的)根拠に基づいた医療の実践〕を基本理念とし、ご家族と動物たちが 『本当の豊かさと幸せ』 が実感できるようサポートさせていただきながら、 『獣医療と癒しの調和』 を担っていきたいと考えています。

しつけ|子犬|パピー|問題行動|カウンセリング|アロマ|クリスタル|フラワーレメディ|セラピー|ヒーリング
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ラインを用いたワンちゃんと猫ちゃんのためのお悩み相談をスタートします♪ | main | 黒(ブラック)の世界を学ぶ♪ >>
ラベンダーとリラクゼーション効果〜動物も癒されます♪

こんにちは。

 

お天気不安定な日が続いていますね

 

梅雨生まれの私は意外と雨の日が好きですがお散歩がしずらくなるのがちょっと困ります。

 

 

いつも散歩に行く公園ではラベンダーが咲いています音譜

 

ラベンダー♪

 

 

 

 

お友達の柴犬姫ちゃんに会いました♪

 

 

 

 

いつもこの近くを通り、ラベンダーの香りを愛犬コーディと一緒に楽しんでいますよウインク

 

ラベンダーの香りほっとしますねラブ

 


私が行動治療に最初に取り入れたホリスティックケアはアロマセラピーでした。

2004年のことです。

 

今でもアロマオイル自身私が大好きなので愛用していますが動物たちの心のケアには以前ほど

使わなくなってしまいました。

 

 

理由は2つ

 

黄色い花 精油の使用方法によっては体が小さく代謝が早い動物さんに使うために注意事項が増えたこと

研究が進み、色々気を使って使用しなければいけないことが分かり始めました。

 


黄色い花 アロマセラピーよりも心のケアにフラワーレメディが効果が顕著なこと

結果がはやく表れればご家族も安心してくれますし、なによりも安全なこと

 

 

とは言っても精油も使っています照れ

 

ラベンダーは代表的なバランシングオイル

心にも体にもとてもよい効果がたくさんあります。

 

ラベンダー=リラックスと私たちはインプットされていますね。

 

興奮しやすい子、子犬さんで夜泣きする子によいと思います。

 

しかし、私は不安が強い子にはラベンダーではなく柑橘系をメインで使います。

 

オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモットなど

 

柑橘系は不安や恐怖を緩和してくれますよウインク

 

 

精油やレメディを上手に生活に取り入れ動物さんもご家族もハッピーに過ごしましょうクローバー

 

心のケアのご相談は ホリスティックカウンセリング で対応しております。

 

動物さんだけではなくご家族のケアも可能ですラブラブ

 

ご興味あるかたは HP からお問い合わせください照れ

対面だけではなくリモートでの対応も行っています。

 

明日はリモートでアニマルコミュニケーター養成講座を行いますしっぽフリフリ

 

 

虹命あるすべての存在に愛と光を虹